自分の価値って


読んでいる本の内容で腑に落ちたこと、 

 そもそもなんで人はストレスを感じるのか? 


・・・それは自分に無理やり価値をつけようとしてるから。 

元々人はそこに存在しているだけで価値があるのですが、 

 育っていく過程で 「~しなければ愛されない、認められない。」

と言う間違った考えを刷り込まれてしまい 

 社会的な価値と人間の価値が混同しているために 

「社会的な価値がないと、人としての価値がない」と思い込んでしまっているのです。 

 自分も周りの人に対してもそんな考え方でいると日々ストレスを感じますよね・・・ 


 と言った内容でした。 今まで心理学やカラーセラピーを学んできて

自己受容や自己認識とか分かったつもりでいましたが 

この本を読んでストンと腑に落ちたような気がします。 


カラーセラピーのお客さまにも頑張りすぎてしまう方がよくいらっしゃいますが、

お話を聞いているとご両親が厳しかったとか誉められたことがなかったということが多いです。 


そして頑張らなくても大丈夫なんだと認識してもなかなか無理に頑張ることがやめられないです。


この世に生まれてから親に愛される前に、 

まずこの世に生まれ出てきた時点でその人には価値がある♪ 

そう思うと「誰にも愛されてない。」と感じてもあまり関係ないですね。 


今ここにあなたがいる、それだけであなたには価値がある。 

そんな風に思うと周りの人たちにも優しく温かくなれるような気がします。 


その本には他にも 

・・・自分の波動を高めて良い波動にすると自然に良い波動の人や物が引き寄せられる・・・ 


とあります。 なんだかスピリチュアルっぽく聞こえますが、 

やはり良い心持ちでいれば良いことは起きるし、 

良い人そうに見えてもなんだか信用できないなって人は後々トラブルを抱えてることが分かったり、 なんとな~~く感じることってとっても大事な気がします。 


人に限らず全ての物質は微細なエネルギーの波動を出しているので。  

そう考えると引き寄せの法則も科学的に正しいですよね。

波動の共鳴と考えれば納得できます。 


 他にも、 

・・・人には天使の快感と悪魔の快感があって、 

 天使の快感は人や物の価値を肯定する快感、 

 悪魔の快感は人や物の価値を否定する快感。 


どちらもその場では快感は得られるけど、前者の場合は積み重ねる毎に自分の幸福感が増す。 

それに比べて後者はその場は刺激的な快感を得られるが、  

さらに刺激を得ようとするので周りと自分を巻き込んでの不幸スパイラルに陥っていく・・・ 


確かに、悪魔の快感は刺激的です。  

ケンカをしたときに相手に対して傷つけてやれ!と否定的な言葉を発する時、  

言った時はスッとしますがその後はものすごく後悔します。


相手を口で言い負かしたりするのは確かに快感かもしれません。 

でもそんなことを続けているときっと不幸になるでしょう。 


だったら相手の価値を認めて誉めて過ごした方が 

相手も嬉しいしこちらも心地よくなってみんなHAPPY~♪ 

そのわっかがどんどん広がっていけばいいですね~。 


 昔そんな映画がありましたね。 

良いことを3人の人にしてそのされた人がまた3人・・・って。 


なんだったかな? 検索してみよう。。。 

「ペイ・フォワード 可能の王国」 でした。 

「シックスセンス」にも出てたあの可愛い子役の子。 


 検索してる時にびっくりした画像がありました。

 パーツは同じなんだけどな。枠が違う~。

すみません。だいぶ横道それました。 



あっ、そうそう。 

 今回の本は 「ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる」 うさぎ著 郁朋社 でした。


 最後までお読みいただきありがとうございました。   

サロンいろとて

++名古屋市千種区にあるカラーセラピーサロン&UVレジン教室です++ 完全予約制・女性限定

0コメント

  • 1000 / 1000